EG square Blog

名古屋・栄のモールトン屋、イージースクエアのブログ
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< モールトン・サミット 2013 九州 (FUKUOKA) | main | 辰巳出版取材日 / AM-S.S. IKMT >>

軍艦島 (Warship Island) 記録 (エグチ的)


写真:接近して見えてきた独特な形状の軍艦島(端島)の全景

サミットにいくならば、折角なら〜なかなかいく事の出来ない
場所に行ってみたいと思っていた1つがココ・・ガキの頃に観た
映画で頭の中にずっと残っておりましたが〜ミッション達成っ!

船に揺られて数十分・・・たくさんのドックで作られてる船を
遠目に拝見しながら長崎の港を進んで行くと、小さな島がポツポツと
現れてきました。その途中にはこんな船も横を通過したり。

そろそろ見えてくる筈だと聞いて凝視していると、明らかに他と
違った異様な形状の島が見えて参りました・・・感動です。
だんだん近づくにつれ〜異様さが増してきまして(苦笑)本当は
来ちゃいけなかったんじゃないかという気分にまでなってきました。








写真:基本的に人を受け入れてない様子 実際に見るとホント要塞

日本の礎を作り高度成長期を支えたって辺りの話を聞いて、正直
心にジーンときまして・・改めてこの場所に来れた事に感動でした。



写真:初期の頃は縄梯子のようなもので船から島に上がったらしい。






島に上がっていられる時間は決まっており、エリアも決まってます。
落書きも見えたりしたので〜入れない頃に勝手に上がって書いたのか
このぐらいの管理をしなきゃいけないんだと実感しました・・・

島から離れ、外周を回って外側から見る事ができました。本当に凄い。
この小さな島に、最盛期には5000人以上の人が住んでいたらしい。








現在、世界遺産にしようと動いているようです・・・
毎年台風が来ると〜壁が崩れたりして少しずつ現状維持が
出来なくなっているとの事で、次回来た時は必ず何処かが
違うと思っていてくださいと言われました。なるほどです・・・

写真:客観的に船の中はこんな感じです・・・波も結構あるヨ。
プライベート | permalink | - | -
EG square Online Shop
EG square 休業日